お肌が黒くならないように!

間違った自己処理などで、お肌が黒ずんでいると気が付いたら、なるべく早く対処して元のお肌を取り戻す努力をしましょう。
そもそも、どうしてお肌が黒ずんでしまうのでしょうか。
除毛の際の刺激や服の摩擦、ストレスやホルモンバランスの乱れ、ワキの場合は除毛だけではなく制汗剤のスプレーや身体を洗う際にゴシゴシこすってしまうことも刺激になり、それらが色素沈着や黒ずみの原因と言われいます。
デリケートゾーンは他の部位に比べ皮膚が薄い為に黒ずみやすい部分ですし、年齢を重ねると共に増えてしまうお顔のシミ同様、デリケートゾーンも黒ずんでくる方もいらっしゃるそうですよ。
お肌の黒ずみを改善させるには、まずお肌への刺激を減らす事が大切です。締め付けない衣類、下着にする、抗酸化物質を含むビタミンC、E、B群、ポリフェノール等を摂取しメラニンの生成を抑える効果があるビタミンCを摂取するといった、食生活の改善も効果があるようです。また一度できてしまった黒ずみは簡単には改善されませんのである程度ゆっくりと時間をかけて日々の努力が大切だといえるでしょう。